TOP

夏はなぜか風俗に行きたくなる!という方のための体験談ページです!

イベントなんてソープに行けば怖くない

クリスマスだとかバレンタインだとか、まるで男が一人でいることがいけないことなんじゃないかと思うような世間のイベント、多いじゃないですか。そのタイミングの時に男が一人で歩ているとそれだけで寂しい人なんだなみたいに思われるのが個人的には悲しいんですよ。
なぜなら、本当は恋人がいるとかならいいんです。本当に一人、まさにその指摘が図星だからこそ寂しいので、そういった時には吉原のソープに駆け込みますね。ソープであればその時間だけはじっくりと女の子との時間を満喫出来るんです。下手に一人でいても何となくソワソワして自尊心を損ねてしまいますし、かといって他のサービスでも「なんでこのタイミングで男一人なんだろう」とか思われるのも嫌じゃないですか(笑)
でもソープであればどんなシチュエーションであれお客を大歓迎してくれるんです。だからそういったイベントの時にはソープに行くのがベストですよ。むしろ一人で行って喜んでくれるんです。恐れることはありません(笑)

吉原のソープをみっちり楽しみたいからこそ

ソープ、それも吉原のソープは後悔しないよう満足したいんです。そのためにはソープ嬢選びとかシチュエーションも大切ですけど、何より自分自身だって大切になってくるんじゃないかなと思うんです。それは自分のコンディションという意味ですね。
だから吉原のソープに行く時には大抵オナ禁くらいはしますね。せめて三日間くらいはするようにしています。そのくらオナ禁すると、溜っているというよりもむしろ敏感になりますよね。刺激に対して鈍感になっていくので、結果、快感が上乗せされるような気がするんですよ。たまにオナニーする方が気持ち良いのって溜まっているというよりも、自分がそれだけ敏感になっているからこそなんじゃないかなとも思うんですよね。だからソープに行く前にはオナ禁をしてから足を運ぶようにしています。
女の子から普通に触られるだけで思わず声が出てしまうくらい敏感な状態になっているので、その方が圧倒的に楽しい時間になるんじゃないかなって思いますけどね(笑)